【webデザイナーになりたい方】現役Webデザイナーがおすすめの初心者向け「Webデザインの基礎を学ぶ本」 はこれだ!

現役Webデザイナー60名にリサーチ!初心者向け「webデザイン」おすすめ本ランキングウェブ業界のお仕事
スポンサーリンク

こんにちは、さくらです。

未経験からwebデザイナーになるにはスクールに通うor独学で基本的なwebデザインの知識を身につけて就職するのがおすすめですと「だから、WEB業界は未経験でも30代でも転職できますよ!【裏事情も暴露】の記事でご紹介しました。

しかし最近Twitterで駆け出しのWebデザイナーの悩みを多く見かけることが増えました。

「自分の作品に自信が持てない」

 

「webサイトデザインがうまくいかない・・自分はWebデザイナーには向いていないのかも・・」

最初はうまくいかないことも多いから、どんどん先輩デザイナーに聞いて成長していきましょう!という素敵な環境であればいいのですが・・。
入社したら先輩デザイナーがやめていて自分一人がwebデザイナー
なんて状況があるあるのこの業界^_^;

こんなデザインの悩みについて、現役でWebデザイナーとして活躍している60名をリサーチしたところ、同じような悩みを抱えていたことが判明。そんなデザイナー達が悩み克服のために参考にした「デザインの基本」本をまとめました。

この記事は下記の方を対象にしています。
・未経験からWebデザイナーを目指している方
・Webデザイナー初心者向の方
・Webディレクターでデザインが苦手な方
スポンサーリンク

初心者向け「Webデザインの基礎」おすすめ本ランキング

現役webデザイナー60名をリサーチし本当に役に立つおすすめ本をランキング形式で紹介します。

調査方法はブログとTwitterで検索、現役webデザイナーの肩書をもつ、総勢60名。(2020年9月4日現在webデザイナーを名乗って仕事をしている方のブログやTwitterを調査)

1位:なるほどデザイン

<現役Webデザイナー29名がおすすめ本として紹介>
・デザインの楽しさや面白さを実感できる本
・身の回りのデザインに対する見方が変わる本
・他の本と違いはイラストで解説してくれているため、デザインを「楽しく」学べる

私も「なるほどデザイン」持っています。楽しみながらデザインの基礎を学べる本です。事例がイラストや写真など、わかりやすく解説されています。この本はWebデザイナー初心者でデザインに自信を持てない方やこれからデザイナーを目指したい方に「デザイン」する楽しさを教えてくれる本です。

2位:ノンデザイナーズ・デザインブック [第4版]

<現役Webデザイナー28名がおすすめ本として紹介>
全デザイナーのバイブル書と言える本
・買った本の中、一番理にかなっていた本。初心者でもわかりやすい
・他の本と違いイラストで解説してくれているため、デザインを「楽しく」学べる

こちらはWebデザイナーだけでなく、グラッフィックデザイナーにも人気の本です。デザイナーのバイブルとも言われています。内容を確認しましたが、すごく幅広いデザインの内容がかかれています。これをしっかりマスターすればどんな案件もこなせます。

3位:けっきょく、よはく。

<現役Webデザイナー16名がおすすめ本として紹介>
・デザイン初心者が陥りやすい例があってわかりやすい!
新人とベテランが制作したデザインを見開きで比べる事ができる見やすい仕様
・余白を中心とした、デザイン総合解説本です!

経験が少ないデザイナーさんは余白があれば必死に埋めるんですよ。クライアントもだけどw
余白をコントロールできるようになるとデザインは格段によくなります。これは、初心者のWebデザイナーだけでなくWebディレクターも知っておくとよいことがたくさんかかれているのでマストバイ本。

4位:Webデザイン良質見本帳 目的別に探せて、すぐに使えるアイデア集

<現役Webデザイナー10名がおすすめ本として紹介>
415点の厳選した良質なWebサイトを集めた見本集
・「男性的で力強い感じのデザイン」とクライアントから依頼を受けた時に使えます。

 

見本帳はネットでもMUUUUU.ORGWebWeb Design Clipなどありますが、手元に1冊あると便利です。webデザイナー初心者はよいデザインにふれて作り方を模写したり、研究することでデザイン力がつきますよ。

5位:デザイン入門教室[特別講義] 確かな力を身に付けられる~学び、考え、作る授業~ (Design&IDEA)

<現役Webデザイナー8名がおすすめ本として紹介>
・デザインをしていく上で、ルールや理論を知っておくと、なぜこのデザインがいいかの説明ができるようになります。
デザインを理論で理解したい人に特におすすめの本です。

タイトルイメージよりもかなり理論的な本です。下段の「よくわかるWebデザインの基本」と比べると、理論を知りたい方はこちらを選んだ方がいいです。私もイメージ系理論派なのでこちらも買い物リストに入れました。

5位:いちばんよくわかるWebデザインの基本きちんと入門

<現役Webデザイナー8名がおすすめ本として紹介>
これ1冊でWebデザインのい・ろ・はの習得できますのでオススメです!
・実際にWebデザイナーになった時のイメージがしやすくなっている。

 

この本は職業訓練校のテキストとして配られたものですが、授業で全然使わなかったので持っていることさえ忘れていました。今、読み直してみるとWebデザイン特化した本で、Web制作からサーバ公開やその後の運営や広告などひととおりを網羅しているので、全体を把握するうえでわかりやすいです。

7位:デザインの教室 手を動かして学ぶデザイントレーニング

<現役Webデザイナー6名がおすすめ本として紹介>
「手を動かす」ことに重点を置いている点もポイントです。
・ Webデザイナースクールに通うより、これを10回読む方がよいかも
・「デザインは基本をおさえていれば、線だけで(線すらなくても)成立する」ということを学びました。

この本のコンセプトは他のおすすめ本とは異なり「手を動かすこと」。頭で覚えるのと、手を動かすのでは記憶が全く違います。つまり知識だけでなく経験することで自分のものとして取り入れられることになるということ。内容は理論的すごく重要です。初心者Webデザイナーに「なんでここにケイ線を引いたの?」と確認すると「なんとなく。」と答える人が多いのですが、こんなイメージ的なデザイン方法だと今後はきびしくなってきます。デザインの意図を説明できるようになるにこの本は役に立ちます。

8位:センスは知識からはじまる

<現役Webデザイナー6名がおすすめ本として紹介>
デザインなどの「センス」とは何かを学べる本
・デザイン初心者だった私にも勇気とやる気をくれた一冊
・「デザイン=センス」だと思っているデザイナーが適切なデザインの知識を身につけるのに最適な参考書。

私も興味をもち読んでみました。他のデザインのおすすめ本とは若干毛色が違いますが良書です。この本はwebデザイナーなら誰も一度は悩む「センス」についてのお話です。webデザインのハウツー本をお探しの方にはイマイチだとおもいますが、「センス」とはいったい何?どうやったらセンスがよくなる?など本質や原理を知りたい方にはよい参考書になる本です。

8位:[買わせる]の心理学 消費者の心を動かすデザインの技法61

<現役Webデザイナー5名がおすすめ本として紹介>
・デザインに活用できる心理学がまとめられているので買ってよかった思わせてくれる内容
・デザイナーだけでなく、ディレクターや制作に携わるすべての人におすすめです。
Webサイトやスマホアプリなど認知心理学の効果や実際の使用デザイン例が分かりやすい

この本は私も購入しています。Webデザイナーはもちろん、webディレクターやマーケターにも役立つ内容です。
初心者には少しむずかしいかもしれないので、基本を理解した後に読むとwebデザイナーとしてのステージが上がります。

10位:だから、そのデザインはダメなんだ。 WebサイトのUI設計・情報デザイン 良い・悪いが比べてわかる

<現役Webデザイナー4名がおすすめ本として紹介>
・そのWebデザインはユーザーにとって使いやすいのかなどのUIや情報設計をテーマにした本です。
・実際webサイトでよい例と悪い例を比べているのでわかりやすい。

 

実際のwebサイトでのビフォア・アフターが見られるのがわかりやすい。どこがダメでどこを直すかなど解説。web制作をしていれば「あるある」の内容が多くとりあげられていて、実務に役立ちます。webデザイナーだけでなくwebディレクターも読んで参考になる内容です。webデザイナー初心者でいくつかサイト制作をこなした後に見るといろいろ勉強になる内容だと思います。

ランキング圏外の本をご紹介

レイアウト、基本の「き」(現役Webデザイナー3名がおすすめ)
デザイナーを目指す人、必見!レイアウトができない、上達しないのは、「基本中の基本」がわかっていないからかも。

やってはいけないデザイン (現役Webデザイナー3名がおすすめ)
素人でちょっとできると思っている人がやりがちのデザインを一刀両断している説明は爽快。プロでもやりがちの間違いデザインを解説。

考具 考具シリーズ (現役Webデザイナー2名がおすすめ)
この本はいままで紹介してきたものとは異なり考え方のハウツー本です。デザインをする際には考えること・アイデア出しが重要なのですね。これはサイト制作にも慣れてきた頃のwebデザイナーやwebディレクターにおすすめの本です。

だれかの役に立つまとめ

このジャンルはwebデザイナー以外のおすすめ本が多く、全部確認していたので時間がかかりました。

リサーチ中に気づいたのは、web制作をやっていてもwebデザイナーを名乗っていない人が多いこと。Twitterも同じです。webデザイナーであるならプロフィールにはきちんといれておきましょう。Twitterなどでは仕事をお願いできる方を探している方も多いので。

webデザイナーになりたい未経験の方、初心者の方へ。

今、活躍中のデザイナーにも最初がありました。そしてずっと努力を続けている人が多いです。この方々がライバルになる世界です。実力主義だからこそ実現できる世界があります。webデザイナーになりたいと思っているならどうか努力をつづけてください。悩みも多いと思いますが、壁は必ず超えられます。一緒にがんばっていきましょう!

実は基本のHTMLとCSSのおすすめ本も一緒にリサーチしていたので、別ページにまとめました。

コメント